月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXの口座を開設しよう!


FXの取引を始めるに、
FX会社にまずは口座を開きましょう!
FXの口座ってどうやって開くの??

FXの口座開設方法は、
FX会社によって多少異なりますが、
大方の手順は同じです。

株取引のため、
ネット証券に口座を開設する手順とほぼ同じです
FXの口座開設は簡単です!

FX会社の口座開設申し込みページで、
各種規約が書かれた書類を読んで、
同意。(同意できなければ終了です)

次に、
FXの持つリスクについて理解しているか、
質問に答えましょう!

同意と質問が終わると、
住所、氏名、銀行口座などの情報を入力です。
簡単ですね!

免許証、保険証など本人確認書類のコピーを、
FAX、メール、郵送などの方法で、
FX会社へ送付します。

FX会社は申し込みを受けたのち、
FXの口座開設希望者に、
何か問題がないか審査します。

FX会社の審査を通れば、
FXの口座が開設され、
ID、パスワードなどが付与されます。

ID、パスワードでログインし、
FXの口座へ証拠金とするお金を入金し、
FX取引の開始となります。

取引に当たり、
千載一遇のチャンスが到来しても、
FXの口座を開設していなければ取引できません。

FXの口座開設にお金はかかりません。
FXの口座維持手数料もかかりません。
FXの口座をあらかじめ開設しておくのをオススメします!!


取引手数料無料のFX会社

キャッシュバックキャンペーン中のFX会社


FXの取引時間



FXの特徴の一つとして、
取引時間が挙げられます。
FXの取引時間の特徴とは??

外貨預金や外貨MMFの取引は、
口座を開設している金融機関の営業時間中しか、
購入も解約も受け付けてくれないところが多くあります。

外貨の取引は、
土日や休日を除く1日24時間、
世界中のどこかでマーケットが開いているですが。

日本の金融機関の営業時間外に、
突発的な事件や事故が起きて、
為替市場が大きく動く可能性だってあるってことです。

そんな時、
取引が営業時間中しか取引できないと、
取引開始時間を待つしかない。

どんなに損失が拡大したとしても、
取引口座が止っていたら、
回避する手立てはありません。

FXはというと、
インターネットで24時間いつでも、
リアルタイムのレートで取引することが可能なんです。

そう、前置きがかなり長くなりましたが、
FXなら24時間取引が可能なんです。
世界経済の動きに即座に対応できる。

FXは24時間取引可能。
FXの特徴であり、
FXの魅力ですね!!

FXのレバレッジ効果


FXは少ない資金で大きなお金を動かすことができます。

FXは外国為替証拠金取引のことをいいます。
外国為替証拠金取引というように、
2国間の通貨を証拠金取引するものです。

FXをするにあたり、
一定の額を証拠金として預け、
FXの会社から信用を与えられます。

FXを始めるときに、
証拠金つまり担保を差し出し、、
証拠金の何倍もの資金を使ったFXの取引が可能となります。

このように、
証拠金の額に応じてではあるものの、
少ない資金で大きな額の取引ができるのもFXの魅力といえるでしょう。

FXのこの証拠金の額に応じて、
より大きな額での取引ができることを、
FXのレバレッジ効果といいます。

レバレッジとは英語で「テコ」を意味します。
FXはテコの原理を利用した取引もといえそうですね。
小さな力で大きなものを動かす。

FXのレバレッジ効果をうまく活用し、
軍資金の少ない人でも、
FXの取引を効率的におこなうことができます。

少ない軍資金でも、
収益機会を拡大し、
効率的に利益を得ることができそうですね。


1ドル=120円で1万ドル買う場合、
レバレッジ1倍なら120万円必要ですが、
レバレッジ10倍なら12万円で済みます。


1ドル=130円で利益が確定した場合、
どちらも10万円の為替差益が得られますが、
利回りが全然違います。

120万円投資して10万円の利益を得るより、
12万円投資して10万円の利益を得るほうが、
はるかに効率がいいですよね。

ただし、
FXのレバレッジ効果で、
見落としてはいけない点があります。

FXのレバレッジを高くすると、
少ない資金で大きな利益が得られる反面、
大きな損失が出る可能性もあるということです。

FXのレバレッジのメリットばかり強調されることがありますが、
ハイリターンということは、
ハイリスクでもあるということにもご注意を!!

FXの売買手数料とスプレッド


FXの特徴のひとつとして挙げられるのが、
手数料の安さです。
外貨預金や外貨MMFに比べて手数料が安くなっています。

FXの手数料とは、FXのコストとは?
FXにかかるコストには、
売買手数料とスプレッドがあります。


まずはFXの売買手数料について。

FXの売買手数料は、
通貨を売買するたびにかかる手数料で、
FX会社によって差があります。

FXの売買手数料は、
一般的なFX会社で、
1ドルあたり5銭以下程度となっています。

FX会社の中でも、
売買手数料無料というFX会社が増えてきています。


他社との差別化からスタートしたものの、
いまではむしろ手数料無料のFX会社が主流とさえ言えます。


次にFXのスプレッドについて

FXのスプレッドとは、
通貨の売値と買値との差で、
これもFX会社によって差があります。

FXのスプレッドは、
一般的なFX会社で、
1ドルあたり0.1〜5銭程度となっています。


ここまで、
FXの売買手数料とFXのスプレッドについて、
簡単に勉強してきました。

FXをするにあたり、
売買手数料とスプレッドで、
1ドルあたりの売買(往復)で0.2〜20銭程度のコストが発生します。

それに比べ、
外貨預金は、
往復で1〜2円もかかります。

このように、
FXと外貨預金では、
手数料を比較するとこんなに差があるんです。

FXの手数料が外貨預金などの手数料と比較し、
とても安いことがわかりますね!
手数料が安いので収益チャンスは広がりますね!!

FXと円高と円安


FXにも影響を及ぼす円高と円安について考えてみよう!
FXをするにあたって無視することのできない話題だと思います。
円高とは?円安とは?

円高とは
1ドル200円が1ドル100円になる状態。
円の価値が上がること。


円安とは
1ドル100円が1ドル200円になる状態。
円の価値が下がること。


円高、円安で世の中の人が一喜一憂します。
円高になると、
輸出企業が泣いて、輸入企業が笑います。
円安になると、
輸出企業が笑って、輸入企業が泣きます。


1ドル=200円→1ドル=100円
いままで1ドルで買えていたものが、
2ドル払わないと買えなくなります。
いままで200円払わなければ買えなかったものが、
100円で買えるようになります。


マスコミは円高の悪い部分ばかりクローズアップしますが、
円高で会社がうまく行くことだってあるんです。
ものごとにはメリット、デメリットがあるということをお忘れなく。


メディアは円高悲観論を唱えるが、
円高は悪いことではない。


ただ、


円高が急速に進みすぎて、
企業が吸収し切れていないのが、問題なのだ。


製造業は、
原材料を海外から安く仕入れられる


FXの投資家は、
ドルを安く仕入れられる


その他の投資家も、
円建ての株式や債券を安く仕入れられるようになる。


問題は円高のスピードであり、
円高は悪ではない。


あまりのスピードに損失が拡大し、
業績悪化→人員削減→所得減→不況
という流れができてしまっているのだ。


円高のデメリットを受けていない人は、
円高のメリットを最大限享受し、
是非とも消費に配分して欲しい。


円高メリット享受者の消費が、
世界経済を救うかもしれない。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。