月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXとくりっく365


くりっく365とは、
公設市場で行われるFXのことで、
通常のFX(非取引所)と比較していくつかのメリットがあります。

税制上のメリット
FX(非取引所)で得た利益については、
雑所得として総合課税の対象となりますが、
くりっく365の場合は少し違います。

くりっく365では、
申告分離課税で一律20%となり、
所得の金額によって税率が変わることはありません。

FXで得た利益が大きくても、
合計所得:195万円以下 、 税率:15%
合計所得195万円〜330万円以下 、 税率20%
合計所得330万円〜695万円以下 、 税率30%
合計所得695万円〜900万円以下 、 税率33%
合計所得900万円〜1,800万円以下 、 税率43%
合計所得1,800万円以上 、 税率50%
とはならないんです。

FX(非取引所)で損失を出した場合、
翌年に損失を繰り越すことはできませんが、
くりっく365では損失を3年間繰り越すことが可能です。

くりっく365は、
FX(非取引所)に比べて、
かなり税制上の優遇を受けているといえます!


くりっく365と大証FX


くりっく365
複数の金融機関がマーケットメイカーとなって、
買い気配、売り気配のレートを提示し
投資家にはそれらを合成した最良のレートが提示される方式


大証FX
くりっく365に次いで日本で2番目となるFXの取引所取引
大阪証券取引所(大証)が開設したFXの取引所取引となる
「マーケットメイカー方式」+「オークション方式」

FXのスワップ金利


外貨の売買益を目的とする投資には、
手数料やスプレッドが小さいほど有利!
金利差を利用して金利収入を得る投資には、
スワップ金利が多いほど有利です。
とか言われますが、スワップ金利てなんですか??
↓↓↓

スワップ金利とは
→2国間の金利差調整額を指します。


金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買えば・・・
→金利差分を受け取ることが出来ます。

逆に金利の高い通貨を売り、金利の低い通貨を買えば・・・
→金利差分を支払うことになります。

外国為替取引は、2営業日後が受渡日となりますので、
ポジションを決済されない場合は、
その受渡日を繰り述べ(ロールオーバー)します。

ただ、各通貨の金利差がありますので、
金利の低い通貨と高い通貨で発生する金利差を受取りや支払いをすることで金利差の調整を行います。

例1:円金利が年率0.1%でアメリカドル金利が年率5.0%の場合
差額の4.9%の金利差がスワップ金利となる。
原則は
「金利の低い通貨で金利の高い通貨を買う」

↓↓↓↓

1ドル105円のときに105万円を借入して1万ドルと交換すると、

@ 105万円借入するので金利(年率0.1%)=-1,050円で、

Aいっぽう1万ドルで受け取れる金利(年5%)=500ドル=+52,500円

つまり・・・
→年51,450円の利益

上記の例で、元手が105万円のレバレッジ1倍だった場合は、
52,500円は年率4.9%の金利なのですが、
元手が35万円のレバレッジ3倍(105万円の投資と同じ)の場合は、
年率14.7%(元手3倍、金利3倍)にもなります。
つまり、レバレッジをかけることで、
高いスワップ金利を期待できるのです。

105万円に対しても、35万円に対してもかかる金利は同じですよね?

(注意)
ただし、レバレッジを掛けるとその分、
為替差益による変動もレバレッジが掛かりますので要注意!
レバレッジによるスワップ利益と為替変動によるマイナスのリスクもお忘れなく!

FXの税金


FX取引で生じた利益は「雑所得」に区分されます。
雑所得は、年間20万円までは申告の義務がありません。
FXでの利益は「為替差益」と「スワップ金利」があります。

FX取引で言う「所得」とは
FX所得=(為替損益合計+スワップポイント合計)−売買手数料

つまり、利益です。
この部分が20万円超えてしまうとってことなんですね。

FXに適用される総合課税の特徴は、
所得が大きくなるにつれて、税金が高くなるという点です。

総合課税は、
他の所得と合計して所得税の金額を計算する仕組みです。
(儲ければ儲けるほど、稼げば稼ぐほど課税される仕組)

FXとくりっく365と大証FX


くりっく365と大証FXについて

FXには、
非取引所取引と、
取引所為替証拠金取引の2種類があります。

取引所為替証拠金取引には
くりっく365と大証FXがあります。
くりっく365?大証FX?

どういうことかというと、
非取引所取引は、FX会社と投資家が直接取引するものですが、
取引所為替証拠金取引は、投資家が公設市場と取引するものです。
 
どうして2つの取引形態があるんでしょうか?
2つの取引タイプができた背景には、
金融庁の規制というものがあります。

05年7月から為替証拠金取引が、
金融庁の規制対象商品になったため、
東京金融先物取引所に外国為替証拠金取引の公設市場が開設されたんです。

そして2009年には大証FXが誕生したというわけです。
なるほど。
FXに歴史ありですね。

くりっく365は、取扱会社がどこであれ、
同一通貨ならスワップポイントが同じで、
しかも買いも売りも一本値。

証拠金は、
取引所が分別して管理することになっています。
なるほど。

また、
申告分離課税ですので、
税率は所得に関係なく、
20%。

他の先物取引との損益通算が可能で、
損失は翌年から3年間にわたり、
繰越控除が受けられます。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。