月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXのスキャルピングトレード


スキャルピングトレードは、
為替レートの状況をリアルタイムに追いかけて、
短期間のうちに1回の取引を終了させるものです。

数分単位など非常に短い時間で、
状況によっては数秒という短時間で、
1回の取引を終了するものです。

数秒で決済を行うことも頻繁にあるため、
経済ニュースや景気指標などの発表に注意し、
相場が大きく動くタイミングを狙います。

パソコンに向いて、
相場の動くタイミングを逃さないタイミング必要があり、
経済の反射神経とクリックの反射神経がカギを握ります。

FXの投資手法


FXの投資スタイルは人それぞれです。
状況によって違えば、
投入できる資金によっても違います。

FXには、
大きくわけて3つの投資スタイルがあります。
投資確定の期間により分類されます。

スキャルピングトレード
デイトレード
スイングトレード



スキャルピングトレード

スキャルピングトレードは、
為替レートの状況をリアルタイムに追いかけて、
短期間のうちに1回の取引を終了させるものです。

数分単位など非常に短い時間で、
状況によっては数秒という短時間で、
1回の取引を終了するものです。

数秒で決済を行うことも頻繁にあるため、
経済ニュースや景気指標などの発表に注意し、
相場が大きく動くタイミングを狙います。

パソコンに向いて、
相場の動くタイミングを逃さないタイミング必要があり、
経済の反射神経とクリックの反射神経がカギを握ります。




デイトレード

デイトレードは、
3つの投資手法の中でもっとも認知度が高く、
デイトレなどと略されています。

デイトレは
注文から決済までを、
24時間以内に行う取引です。

デイトレードは、
夜の数時間だけやってその日のうちに決済や
朝注文し、昼は仕事で、夜に決済なんて方法もできます。

その日のうちに決済し、
確定するため、
資金効率が上がります。





スイングトレード

スイングトレードは、
数日から数週間の中期で取引を行う取引です。
比較的期間の長いトレンドを見越して相場を予想します。

そのため、、
日々の細かい相場の変動はそれほど重視ていませんが、
タイミングが合えば決済するのもありです。

スイングトレードは
ある程度期間が長いため、
為替レートのレンジも広くなる傾向があります。

為替差益だけでなく、
スワップ金利による利益も見込めるのが、
スイングトレードの特徴です。



3つの手法がありますが、
どれかひとつを選ばないといけないというものではありません。
タイミングが合えば決済するべきです。


FXの取引手順



FXのは次のような流れで取引されます。

注文(エントリー)
ポジション
決済(エグジット)

FXはこの3ステップの流れを踏みます。


<FXの注文(エントリー)>

FXにおいて
外国為替を注文することを、
エントリーといいます。

FXはエントリーからスタートするわけですが、
エントリーには、
基準とする通貨の「買い」と「売り」の2種類があります。

買いのエントリーをロングと呼び、
売りのエントリーをショートと呼びます。
基準の通貨は通貨ペアの最初の方を指します。
*米ドル/円」であれば米ドルが基準通貨となります。

取引の際に表示されている価格は、
米ドルを買う場合(ロングエントリー)の円の価格、
米ドルを売る場合(ショートエントリー)の円の価格となります。




<ポジション>

外国為替を買った状態、または売った状態を「ポジション」と呼びます。
買った状態を、買いポジション、ロングポジション
売った状態を、売りポジション、ショートポジション

複数の注文を行えば、
複数のポジションを持つことができますが、
あまり多くのポジションを持ちすぎると逆効果です。

FXでは同時にレートの異なるポジションをもつと、
為替相場は変動するため、
取引の精度が下がる可能性があります。

FX初心者のうちはポジションは少なくし、
ひとつひとつに注力した方が良いと思います。
まぁ私の考えですが。




<決済(エグジット)>

FXでは、
ポジションを持った状態で、
反対売買を行うことで決済が行われます。

通貨のポジションが
買いポジションであれば、
基準通貨の売りを行うことで決済となります。

FXでは通貨を売買し確定させることを、
「エグジット」と呼んだり、
そのまま「決済」と呼んだりします。

FXは決済を行うことで清算され、
そこではじめて利益や損失が確定します。
それまでは予想数値です。

利益や損失が確定するまで、
決済を行っていない間の利益を「含み益」、
決済を行っていない間の損失を「含み損」と呼びます。



FXの決済(エグジット)


FXでは、
ポジションを持った状態で、
反対売買を行うことで決済が行われます。

通貨のポジションが
買いポジションであれば、
基準通貨の売りを行うことで決済となります。

FXでは通貨を売買し確定させることを、
「エグジット」と呼んだり、
そのまま「決済」と呼んだりします。

FXは決済を行うことで清算され、
そこではじめて利益や損失が確定します。
それまでは予想数値です。

利益や損失が確定するまで、
決済を行っていない間の利益を「含み益」、
決済を行っていない間の損失を「含み損」と呼びます。

FXのポジション


外国為替を買った状態、または売った状態を「ポジション」と呼びます。
買った状態を、買いポジション、ロングポジション
売った状態を、売りポジション、ショートポジション

複数の注文を行えば、
複数のポジションを持つことができますが、
あまり多くのポジションを持ちすぎると逆効果です。

FXでは同時にレートの異なるポジションをもつと、
為替相場は変動するため、
取引の精度が下がる可能性があります。

FX初心者のうちはポジションは少なくし、
ひとつひとつに注力した方が良いと思います。
まぁ私の考えですが。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。