月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXの通貨


FXでは、
世界中のたくさん通貨が使用されています。
取引量は通貨によってだいぶ違います。

アメリカの米ドルを始め、
ヨーロッパのユーロや、
日本の円が売買高が大きいです。

それに続き、
イギリスの英ポンド、
オーストラリアの豪ドルなどが売買高が大きいです。

マイナーな通貨である、
イスラエルのシュケルやスロバキアのコルナ、
メキシコのヌエボペソなども取引できます。

FXとは


FXの仕組みは、
交換する通貨の価値を判断して、
売買するというシンプルなものです。

1ドルが100円になったり、
110円になったりするのは、
各国の経済や政治情勢などの多くのことが原因です。

FXはギャンブルではないので、
経済の知識をフルに活用して、
投資判断を下す必要があります。

FXの特徴


FXは株と違って価値がなくなるリスクが少ない投資です。
株は購入した会社が倒産すると、
ただの紙切れになり価値はなくなります。

倒産しなくても、
ストップ安になると買い手がいなく、
売ることもできません。

しかし、
FXは通貨を売買するので、
通貨の価値がゼロになるリスクは極めてて低いです。

価値はゼロになりませんが、
保証金の追加が必要になることはあります。
まったくリスクのない投資ということではありません。

FXの市場


FXの市場は、
24時間眠らない市場と言われています。
FXでは世界中のどこかの市場が常に開いているのです。

FXの市場で、
世界の中でも中心となっている市場が、
ロンドン市場とニューヨーク市場です。

FXの市場は24時間開いていますが、
その24時間の中でも、
もっとも取引が活発化すると言われている時間帯があります。

それは、
これら2つの市場が開いている時間が、
重なっている時間帯と言われています。

日本時間で、
午後9時〜午前2時までの5時間くらいが、
FXが最も活発化すると時間帯と言われています。

そのため、
FXは日本時間の日中にはそれほど値動きが少なかった相場も、
午後9時あたりから値動きが活発になる傾向があります。

FXをこの時間帯に行うということは、
世界でも中心となっている市場の中で、
世界で最も活発な時間の中で取引を行うと言うことです。

FXをこの時間帯で行うと、
普段とは違う世界のトレンドを、
感じられるかもしれませんね。

FXとレバレッジ


FXでは、
レバレッジを利かせた取引において、
保証金に対し大きな金額を運用することになります。

レバレッジが高ければ高いほど、
小さな為替相場の変動であっても、
口座の資産価値に大きく影響します。

市場がポジションに対し、
急激に、かつ大きく不利な方向に変動した場合、
強制的に決済される場合があります。

強制決済は損失の拡大を防止するため行われるため、
保有するポジションの全部が、
強制的に決済される可能性もあります。

FXでは、
レバレッジ効果により、
相対的に小さな資金で大きな利益を狙うことが可能です。

しかし
FXではレバレッジの掛け方によっては、
その逆もあります。

預託した資金をすべて失う、
あるいは預託した資金を超えて損失を被る。
FXのレバレッジにはそういった可能性も同時に存在します。

ご注意を!
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。