月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FX業者の選定


FX業者のサポート体制・安全性について

FXの仕組みが完全に理解できていない、
パソコンの扱いに慣れていない、
そういう場合はFXをおすすめできません。

FXのリスクや、
FXの内容を知らずに、
FXをすることはおすすめできません。

FX業者の中には、
説明不足の業者もあり、
投資家(特に個人)が大きな損をするリスクがあります。

FX業者を選ぶポイントは、
24時間の取引が可能かだけでなく、
電話・メールサポートが整っているFX業者を選ぶことをおすすめします。

FXの業者選び


FXの業者選定のポイントは、
いくつかあります。
ざっくりした所は以下の通り。

@会社のサポート体制・安全性

A信託保全

B金融庁への登録

C分析ツールの使い勝手・機能

FXとは


世界経済を語るコメンテーターの見方は、
世界経済は回復しつつあるという見方や、
もう一段階下があるという見方もあります。

FXは、
各国通貨を交換するので、
世界経済の動きには注意が必要です。

FXにおいて、
各国首脳の発言は重要な投資判断のファクターになりますよね。

そういう意味で、
FXは、
世界経済を直に感じられる投資と言えるでしょう。

FXを始める


個人の投資が、
安全志向とリスク志向に、
二極分化しつつあるようですね。

FXはリスク投資のイメージがつよいですが、
レバレッジによっては、
それほどのリスクを抱えることにはなりません。

安全志向の強い個人投資家も、
レバレッジの掛け方では、
FXという選択肢もありだと思います。


FXを食わず嫌いな方も、
経済環境が好転し始めている今、
FXにトライしてみては?

FXの手数料


今回はFXの手数料について


FXのコストは、
手数料の他にスプレッドがあります。
FXで実際に取引してみると売値と買値が画面に表示されます。

FXでは
売値はBid(ビッド)、買値はAsk(アスク)
という言い方をすることがあります。

例えば、ドル円(USD/JPY)で
売値115.05ー買値115.08
と表示されていたケース。

ドルを買うなら115.05円で買えます。
ドルを売るなら115.08円で売れます。
ということになります。

ここで、
ドルを買って、すぐに売ると0.03円の損失になります。
この差額0.03円をスプレッドといいます。

ちなみに、
売値と買値を同時に表示してある方法を
2wayプライスと呼びます。

スプレッドも、
FX業者によって異なります。
狭いスプレッドを売りにしている所も多くあります。

手数料が安くても、
スプレッドが割高。
FX業者によってはそういう先もあります。

FXにかかるコストは、
他の投資にかかるコストと比較しても、
かなり安いです。

しかし、
FXのコストがいくら安いとはいっても、
コストはコストです。

FXにかかるコストには、
FX業者に支払う手数料があります。
他の投資とどれくらい違うんでしょうか?

外貨預金の手数料は、
1ドルにつき片道で1円。
1万ドルなら1万円です。

FXの場合は、
手数料が高いFX業者でも40銭程度。
一般的なFX業者は2銭?20銭程度になります。

FXによって生じる手数料は、
1万ドルなら片道で200円、2,000円程度です。
かなり違いますよね。

FX業者にもいろいろあって、
取引の枚数に応じて割引になる会社や、
デイトレについては手数料が割引になる会社などもあります。

FX業者によっては、
すべての取引において手数料無料。
そんな会社も増えています。

FXで短期売買を繰り返す投資家にはうれしいですね。
手数料はFX業者によって違います。
FX業者を選ぶ際には要チェックです!

月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。