月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXの業者選び


一度はリスクの高い投資から、リスクの低い投資へと逃げてしまっていた資金が、
再びリスクの高い投資へと戻りつつありますね。
FXはその代表格と言われています。

ところで、
FXにかかるコストには何があって、
FXをするのにどれくらいかかるかご存知ですか?

FXにかかるコストは、
他の投資にかかるコストと比較しても、
かなり安い。

これは世間で広く知られています。

しかし、
FXのコストがいくら安いとはいっても、
コストはコストです。

FXにかかるコストには、
FX業者に支払う手数料があります。
他の投資とどれくらい違うんでしょうか?

外貨預金の手数料は、
1ドルにつき片道で1円。
1万ドルなら1万円です。

FXの場合は、
手数料が高いFX業者でも40銭程度。
一般的なFX業者は2銭〜20銭程度になります。

FXによって生じる手数料は、
1万ドルなら片道で200円〜2,000円程度です。
かなり違いますよね。

FX業者にもいろいろあって、
取引の枚数に応じて割引になる会社や、
デイトレについては手数料が割引になる会社などもあります。

FX業者によっては、
すべての取引において手数料無料。
そんな会社も増えています。

FXで短期売買を繰り返す投資家にはうれしいですね。
手数料はFX業者によって違います。
FX業者を選ぶ際には要チェックです!

ただ、
FX業者選びの際には、
FXの手数料だけで決めるべきではありません。

FXでは、
手数料が多少高くても、
フォローや情報の充実も大切です。

FXにあたり、
証拠金として預けている資金がどのように保全されているか。
これも重要ですよね。

FXに限った話ではありませんが、
中長期の運用なら、
手数料はあまり気にならないと言うこともあり得ます。

FXの業者選びには、
チェックするポイントがたくさんありますね。
FX業者の比較もお忘れなく!

FXの業者選び


FXのキャッシュバックキャンペーン


手数料無料のFX業者


1000通貨単位の取引が可能なFX業者


FXのバーチャルトレード



FXの業者選定のポイントは、
いくつかあります。
ざっくりした所は以下の通り。

@会社のサポート体制・安全性

A信託保全

B金融庁への登録

C分析ツールの使い勝手・機能



@FX業者のサポート体制・安全性について

FXの仕組みが完全に理解できていない、
パソコンの扱いに慣れていない、
そういう場合はFXをおすすめできません。

FXのリスクや、
FXの内容を知らずに、
FXをすることはおすすめできません。

FX業者の中には、
説明不足の業者もあり、
投資家(特に個人)が大きな損をするリスクがあります。

FX業者を選ぶポイントは、
24時間の取引が可能かだけでなく、
電話・メールサポートが整っているFX業者を選ぶことをおすすめします。



A信託保全

FXの業者選びは、
信託保全を確認する!
これ大事ですよね。

FX業者が倒産する。
FX業者が倒産するということは万が一ではありますが、
まったくないとは言い切れません。

FX業者の倒産は、
現実に起こらないわけではありません。
起きた場合の対策が必要です。

FX業者が倒産したとしても、
預けた証拠金を信託銀行などに分別保管していれば、
証拠金はFX会社の債務として差し押さえられることはありません。

FX業者が、
信託銀行に分別保管していた証拠金は、
全額保護されます。

顧客資産と会社の事業資金を、
別々に管理することを、
信託保全と呼びます。

信託保全がなされているFX業者かどうか、
FX業者の選定に辺り、
最初に確認しておくことをおすすめします。



B金融庁への登録
当たり前ですが、
金融庁への登録の確認を
お忘れなく!

改正金融先物取引法では、
FX業者を含む金融先物取引業者に対し、
金融庁へ登録を義務付けています。

平成18年1月以降
FXを取り扱うことが出来るのは、
以下の2種類の業者に限られます。

金融庁の登録を受けた金融先物取引業者と、
金融庁が登録の申請書を受理し審査中の金融先物取引業者に限られます。
当然ではありますがご確認を!



C分析ツールの使い勝手・機能
FX業者の、
分析ツールの使い勝手・機能も、
FX業者選びには欠かせない判断材料ですよね。

FXを始めるにあたって、
市況、各国主要行事予定などの投資情報、
これらのチェックは欠かせません。

それだけでなく、

チャートの種類が豊富で、
チャート機能が優れているところも、
選ぶうえでは重要なポイントとなります。

FX業者の選定にあたっては、
FX業者の使い勝手や提供してくれる情報
それに加え、評判の良いFX業者を選ぶことをおすすめします。



FXのキャッシュバックキャンペーン


手数料無料のFX業者


1000通貨単位の取引が可能なFX業者


FXのバーチャルトレード


FXの業者選び


FX業者の、
分析ツールの使い勝手・機能も、
FX業者選びには欠かせない判断材料ですよね。

FXを始めるにあたって、
市況、各国主要行事予定などの投資情報、
これらのチェックは欠かせません。

それだけでなく、

チャートの種類が豊富で、
チャート機能が優れているところも、
選ぶうえでは重要なポイントとなります。

FX業者の選定にあたっては、
FX業者の使い勝手や提供してくれる情報
それに加え、評判の良いFX業者を選ぶことをおすすめします。

FXの業者選び


当たり前ですが、
金融庁への登録の確認を
お忘れなく!

改正金融先物取引法では、
FX業者を含む金融先物取引業者に対し、
金融庁へ登録を義務付けています。

平成18年1月以降
FXを取り扱うことが出来るのは、
以下の2種類の業者に限られます。

金融庁の登録を受けた金融先物取引業者と、
金融庁が登録の申請書を受理し審査中の金融先物取引業者に限られます。
当然ではありますがご確認を!

FXの業者選び


FXの業者選びは、
信託保全を確認する!

FX業者が倒産する。
FX業者が倒産するということは万が一ではありますが、
まったくないとは言い切れません。

FX業者の倒産は、
現実に起こらないわけではありません。
起きた場合の対策が必要です。

FX業者が倒産したとしても、
預けた証拠金を信託銀行などに分別保管していれば、
証拠金はFX会社の債務として差し押さえられることはありません。

FX業者が、
信託銀行に分別保管していた証拠金は、
全額保護されます。

顧客資産と会社の事業資金を、
別々に管理することを、
信託保全と呼びます。

信託保全がなされているFX業者かどうか、
FX業者の選定に辺り、
最初に確認しておくことをおすすめします。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。