月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXとは


FXとは
Foreign eXchange
外国為替の略に由来しています。

FX(外国為替証拠金取引)、
証拠金(保証金)をFX業者に預託し、
主に差金決済による通貨の売買を行なう取引を指します。

日本では1998年に、
外国為替及び外国貿易法が改正されて、
取扱がスタートしました。

ひまわり証券、豊商事などが取扱いを開始し、
ブロードバンドの普及も手伝い、
FXの取引市場は急速に拡大しました。

商品先物会社、
証券会社のほか、
FXを専業で取り扱うFX業者もあります。

FXの業者選びの注意点


人はうまい話に、簡単に騙されてしまいます。
大阪の投資会社「アライド」では約20億円。
北海道の投資会社「オール・イン」では約100億円、

いずれも、
FXで資産を増やす名目で、
投資家から巨額の資金を集めましたが破綻しました。

FX詐欺の構造はあまりに稚拙です。
「騙される方もどうかしている」
確かにその通りです。

しかし、
この類の投資詐欺事件は後を絶ちません。
うまい話って怖いですよね。



投資で騙されないための簡単なチェックポイント
これを覚えていれば、
FXの詐欺にあうこともないでしょう。。

特に、
FXは誰でも儲かるだなんだと、
世間でもかなり浸透してきています。

FXでも株でも、
投資は自己責任ということをお忘れなく!

では、
FXの詐欺にあわないように、
これから注意点のおさらいです。



第1チェックポイント
「運用するのは誰?」

FXも株も、
運用するのは自分です。
投資は自己責任で!よく聞きますよね。

FXでも株でも自分で責任のとれる範囲内で運用するのが原則です。
この原則を理解できている人は、
FXや投資の詐欺事件にひっかかりません。

ただし、
投資手法として、
世の中には自分で運用をせずに他人に任せる形式の投資信託などの金融商品もありますよね。

自分の資金を、
他人に運用を任せたいと思ったあなた、
次の項目へ!



第2チェックポイント 
「そんな大金を貸せますか?」

他人に運用を任せる場合、
その人やその会社に「お金を貸す」
そういう認識が大切です。

自分の大切なお金を貸す
そして、
そのお金を運用してもらう。

100万円とか1千万円とか、
そんな簡単に信用して貸して大丈夫でしょうか? 
そんな簡単にお金を貸せますか?

そもそも、
FXを自分でする場合でも、
簡単に動かす金額ではないですよね。

サラリーマン収入の1か月分以上のお金です。
100万円あったら、1000万円あったら、
何ができますかね。

FXで自分の資金を自分で運用する際、
何も考えずに投資しますか?
しませんよね?

よく考えた結果、
どうしてもお金を貸してあげたい!
そういうあなたは、次の項目へ!



第3チェックポイント
「誰に貸すの?」

よく知っている信頼できる相手にお金を貸すならまだしも、
知り合ったばかりのよくわからない人に大金を貸すなんてありえないですよね?
よく知っていたって100万円、1000万円はなかなか貸せないですよね。

どういうわけか、
儲け話、美味しい話には引っかかっちゃいますよね。
なんででしょう。

自分の資金を投入するのに、
少なくとも素性は調べますよね。
心配ですから。

それと同じです。
どうしてもお金を貸したいと言うのなら、
相手をしっかり調べるべきです。

運用責任者の経歴や、
当局への登録の有無、
調べられるものは全て調べましょう!

これらを調べた上で、
それでも“お金を貸すんだ!”と我慢できない場合、
次の項目へ!



第4チェックポイント
「還ってこない可能性は?」

「他人に運用を任せる=お金を貸してあげる」
これを理解したうえで、
お金を貸します、運用を任せます。

お金を貸したら100%還ってくるとは限りません。
還ってこないリスクが存在することも、
お忘れなく。

アライド社の勧誘文句は「絶対に損はさせない」
オールイン社の勧誘文句は「月30%〜40%の配当を支払う」
驚きの宣伝文句ですよね。

知り合ったばかりの人に、お金を貸す。
「絶対に還す」「月30%の利子を払う」
そういう言葉、信用できますか? 



FXで騙されないチェックポイントは、
難しいことは一切ありません。
専門知識も一切必要ありません。

投資詐欺事件ではいつも、
騙された被害者が裁判に訴えたりします。
騙された、と。

大事なのは投資した後ではなく、
投資する前です。
自分のお金を誰かに任せた時点で決まっています。

裁判に訴えても、
自分の資金が全額戻ってくることは無いでしょう。
気付いたときには手遅れです。

人は甘い話、うまい話に乗ってしまいます。
冷静さを欠いてしまいます。
どうしてですかね。


FX業者を選ぶ時はご注意を!


FXの業者選び
キャッシュバック

FXの業者選び


FXの業者選び


FXで騙されないチェックポイントは、
難しいことは一切ありません。
専門知識も一切必要ありません。

投資詐欺事件ではいつも、
騙された被害者が裁判に訴えたりします。
騙された、と。

大事なのは投資した後ではなく、
投資する前です。
自分のお金を誰かに任せた時点で決まっています。

裁判に訴えても、
自分の資金が全額戻ってくることは無いでしょう。
気付いたときには手遅れです。

人は甘い話、うまい話に乗ってしまいます。
冷静さを欠いてしまいます。
どうしてですかね。

FX業者を選ぶ時はご注意を!


FXの業者選び

FXの業者選びで失敗しない




FXの業者選び


第4チェックポイント
「還ってこない可能性は?」

「他人に運用を任せる=お金を貸してあげる」
これを理解したうえで、
お金を貸します、運用を任せます。

お金を貸したら100%還ってくるとは限りません。
還ってこないリスクが存在することも、
お忘れなく。

アライド社の勧誘文句は「絶対に損はさせない」
オールイン社の勧誘文句は「月30%〜40%の配当を支払う」
驚きの宣伝文句ですよね。

知り合ったばかりの人に、お金を貸す。
「絶対に還す」「月30%の利子を払う」
そういう言葉、信用できますか? 


FXの業者選び

FXの業者選びの注意点




FXの業者選び



第3チェックポイント
「誰に貸すの?」

よく知っている信頼できる相手にお金を貸すならまだしも、
知り合ったばかりのよくわからない人に大金を貸すなんてありえないですよね?
普通の考えの人であるならば。。

どういうわけか、
儲け話、美味しい話には引っかかっちゃいますよね。
なんででしょう。

自分の資金を投入するのに、
少なくとも素性は調べますよね。
心配ですから。

それと同じです。
どうしてもお金を貸したいと言うのなら、
相手をしっかり調べるべきです。

運用責任者の経歴や、
当局への登録の有無、
調べられるものは全て調べましょう!

これらを調べた上で、
それでも“お金を貸すんだ!”と我慢できない場合、
次の項目へ!


FXの業者選び
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。