月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXで複数通貨を取引する


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[広告】
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




FXのスキャルやデイトレで複数の通貨ペアを同時に取引する理由


一度に、複数の通貨ペアを持ち、1ペアあたりの建て玉数も小分けして分散することは、
リスク管理として重要な方法です。


複数ペアを同時に扱うということは大変という考え方もありますが、
リスク管理を怠れば、全てを失うのがFXに限らず投資全てに言えることです。


FXでは複数といっても、
似たような動きをするためそれほど手間と感じることはないはずです。


また必ずといっていいほど、先導役を務めるものや、異変にいち早く反応する通貨がありますので、
変化に対応しやすいという利点もあります。

FXのスワップ金利


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[広告】
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXのスワップ金利という単語をよく耳にしますが、
これは一体なんでしょう?


FXのスワップ金利(ポイント)とは、
金利差収入のことをさします。


金利が高いほうの通貨を買っていればスワップ金利を受け取れますが、
金利が低いほうの通貨を買っていればスワップポイントを支払うことになります。


一般に、取引所やFX業者が表示しているスワップ金利は、
1万通貨当たりのもので、日々入金または出金されます。


スワップ金利が、豪ドル/円がユーロ/円の5倍になっている場合、
取引量が同じなら200円の5倍のスワップ金利を受け取れたということになります。


ただし、FXの収益を決めるのはスワップ金利と、為替の差損益の2つがあります。
金利よりも相場観(当該通貨が円に対して高くなるのか、安くなるのか予想すること)が重要となります。

FXとギャンブル


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


投資とギャンブルについて

ギャンブルか投資かを分けるのは、
スタンスです。

投資のスタンスで臨めば、
競馬も投資になり得、

ギャンブルのスタンスで臨めば
FXだろうと株だろうとギャンブルになり得ます。

FXでも株でもそうですが、
投資としてのスタンスをもつことが重要です。

@短期間での勝ち負けに一喜一憂しない
A生活に支障が出る金額を投資しない(注ぎ込まない)
B短期間での極端な金額の上げ下げを行わない(損をとりかえす!とか)

FXはあくまで資産運用。
資産運用は余資で行うもの。

余資でおこなう資産運用は長期間で行うもの。
短期間で何とかしようというのはそもそも間違いです。

FXのリスクとリターン


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




FXのリスク・リターン



FXでは買った外貨が値下がりしてしまうと、
リアルタイムでその損失が証拠金から差し引かれて計算されてしまいます。

例えば、

ドルが1円値下がりして25万円の損失が出た場合、
残りの証拠金は元の100万円から25万円を差し引いた75万円ということになってしまいます。

さらにドルが値下がりしてしまうと、
いずれかの段階で証拠金の残りがゼロになることがあります。

この計算例では、
ドルが4円値下がりしてしまうと証拠金の残りがゼロとなります。

証拠金がなければ、
もう借金を続けレバレッジをきかせることは出来ません。

証拠金の残りがゼロになる前に、強制的に手持ちのドルが売り払われて損失確定、取引終了。
これを強制ロスカットと言います。

FXは、借金を組み合わせたレバレッジをきかせた取引であるため、
買った外貨が値下がりしてしまうと証拠金不足で取引終了、損失確定になる可能性があるんです。

資金に対して大きな借金をしレバレッジ効果を上げれば、
利益が出た場合の利益は大きくなります。

これは、逆に損失も大きくなる可能性があることも示しており、
少しの値下がりだけで取引の継続が困難になって損失確定ということもあり得ます。

80円でドルを購入したから、
絶対にドルが80円以上に戻るまで待ち続けるということは仕組上で不可能となっています。

FXと外貨預金の違い



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXと外貨預金の違い


FXは外貨預金に似ていますが、
レバレッジをきかせて、自己資金よりも大きな金額の外貨を取引出来るハイリスク・ハイリターンの投資です。


外貨預金ならば100万円の資金で100万円分の外貨しか買うことは出来ません。
FXでは手持ちの資金を直接外貨に両替するのではなく、


手持ちの資金を担保にして借金をして、レバレッジをかけて、
借金で調達した資金で外貨を取引するのです。


FXならば資金よりも大きな金額を借金して、
外貨取引をおこなうことができます。

例えば100万円の資金を担保、いわゆる証拠金にして、
10倍の1000万円、20倍の2000万円を借りてその資金を外貨購入に充てることが可能です。


例えば


資金100万円を証拠金にして20倍の2000万円を借金して1ドル=80円の時にドルを買う。


2000万円 ÷ 80円 = 25万ドル


を買うことが出来ます。


これに対して外貨預金ならば資金の100万円をそのままドル購入に充てるだけですから


100万円 ÷ 80円 = 12500ドル


しかドルを買うことが出来ません。


ドルが1円値上がりすれば、


FXなら、25万ドルを購入しているので、1ドル当たり1円の利益ですから25万円の利益、
外貨預金なら、12500円購入したら12500円の利益です。


逆にドルが1円値下がりしたら、


FXなら、25万円の損失、
外貨預金なら、12500円の損失です。


借金を組み合わせてレバレッジをきかせることで、
多くの外貨を取引することによって利益も損失も拡大するというリターンとリスクが存在します。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。