月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXのリスクとリターン


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




FXのリスク・リターン



FXでは買った外貨が値下がりしてしまうと、
リアルタイムでその損失が証拠金から差し引かれて計算されてしまいます。

例えば、

ドルが1円値下がりして25万円の損失が出た場合、
残りの証拠金は元の100万円から25万円を差し引いた75万円ということになってしまいます。

さらにドルが値下がりしてしまうと、
いずれかの段階で証拠金の残りがゼロになることがあります。

この計算例では、
ドルが4円値下がりしてしまうと証拠金の残りがゼロとなります。

証拠金がなければ、
もう借金を続けレバレッジをきかせることは出来ません。

証拠金の残りがゼロになる前に、強制的に手持ちのドルが売り払われて損失確定、取引終了。
これを強制ロスカットと言います。

FXは、借金を組み合わせたレバレッジをきかせた取引であるため、
買った外貨が値下がりしてしまうと証拠金不足で取引終了、損失確定になる可能性があるんです。

資金に対して大きな借金をしレバレッジ効果を上げれば、
利益が出た場合の利益は大きくなります。

これは、逆に損失も大きくなる可能性があることも示しており、
少しの値下がりだけで取引の継続が困難になって損失確定ということもあり得ます。

80円でドルを購入したから、
絶対にドルが80円以上に戻るまで待ち続けるということは仕組上で不可能となっています。

FXと外貨預金の違い



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXと外貨預金の違い


FXは外貨預金に似ていますが、
レバレッジをきかせて、自己資金よりも大きな金額の外貨を取引出来るハイリスク・ハイリターンの投資です。


外貨預金ならば100万円の資金で100万円分の外貨しか買うことは出来ません。
FXでは手持ちの資金を直接外貨に両替するのではなく、


手持ちの資金を担保にして借金をして、レバレッジをかけて、
借金で調達した資金で外貨を取引するのです。


FXならば資金よりも大きな金額を借金して、
外貨取引をおこなうことができます。

例えば100万円の資金を担保、いわゆる証拠金にして、
10倍の1000万円、20倍の2000万円を借りてその資金を外貨購入に充てることが可能です。


例えば


資金100万円を証拠金にして20倍の2000万円を借金して1ドル=80円の時にドルを買う。


2000万円 ÷ 80円 = 25万ドル


を買うことが出来ます。


これに対して外貨預金ならば資金の100万円をそのままドル購入に充てるだけですから


100万円 ÷ 80円 = 12500ドル


しかドルを買うことが出来ません。


ドルが1円値上がりすれば、


FXなら、25万ドルを購入しているので、1ドル当たり1円の利益ですから25万円の利益、
外貨預金なら、12500円購入したら12500円の利益です。


逆にドルが1円値下がりしたら、


FXなら、25万円の損失、
外貨預金なら、12500円の損失です。


借金を組み合わせてレバレッジをきかせることで、
多くの外貨を取引することによって利益も損失も拡大するというリターンとリスクが存在します。

FXは初心者でも始められるか


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




FXは初心者でも始められるか?
FXは初心者でも始められます。


FXに限らず投資で儲けるということは、
相場に参加している他の投資家からお金を奪うという行為です。

FXは初心者が簡単に勝てるほど甘い投資ではありません。
簡単に小遣い稼ぎができると思っていたらあてが外れます。残念ながら。。


韓国で行われた実態調査では、
FX参加者の実に90%が損をしているという結果が出ています。


日本でも成功している投資家はごく一部で、
大半の人が損をしているのは同じです。


FXでは通常は利益、損失が常にリアルタイムで計算されます。
投資家が用意した証拠金の金額がゼロに近づくと強制的に取引が終了して損失確定となります。


そのため用意した資金よりも大きな損失が発生することはないような仕組みになっています。
この強制的な取引終了を強制ロスカットと言います。


強制ロスカットのシステムがあっても、
自己資金が全部吹き飛び、さらには借金をつくってしまう可能性はゼロではありません。


資金100万円でレバレッジ50倍掛けてドルを買います。
資金100万円ならば50倍の5000万円分のドルが買えます。


1ドル=100円だったとすれば、
50万ドルのドルが買えます。


投資家のドル売り、空売り投機家
FX業者のサーバーダウン


レバレッジを大きく掛けすぎたために、
ロスカットの発動が間に合わないスピードでの相場暴落


専業投資家でも5倍ぐらいのレバレッジが普通といいます。
メディアに踊らされて素人投資家がありえないレバレッジを掛けるのは間違っています。

FXとクロスレート


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



クロスレートとは


各通貨は基軸通貨である米ドルに対してのレートを決め、
その他の通貨に対しては他の通貨と米ドル間のレートと米ドルと当該通貨のレートを掛け合わせて計算します。


例えば、
ユーロ円ならドル円とユーロドルのレートを掛け合わせて算出するといったように。


同じ欧州通貨であるユーロ/ポンドでも、
ドルポンドとユーロドルを掛け合わせて算出します。


掛け算をするので「×」の記号を指してクロスと称し、
掛け合わせたレートを総称クロスレートと呼びます。


ちなみに、
各通貨の対ドルレートはドルストレートと呼びます。



クロス円とは


クロスレートによって算出される円を含むペア及びそのレートを「クロス円」と呼びます。
つまり円のドルストレート(ドル円)以外の円を含むペア全部のことを指します。


こんなのがクロス円
ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ランド円・・他

FXと円高円安


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



円高円安
毎日、ニュースや新聞で円高・円安情報が流れていますが、
これはなにを意味するのでしょうか?

外貨に対して円の価値が上がっている状態を「円高」といいます。
また、その反対を「円安」といいます。

それでは、「1ドル=120円」と「1ドル=100円」ではどちらが円高なのでしょうか。
たとえば、
1ドルのリンゴを買う場合、「1ドル=120円」の時は120円かかることとなります。
しかし、
「1ドル=100円」の時は100円で済みます。
よって、
「1ドル=100円」の方が円の価値が高い状態であるため、「円高」ということができます。

円高で買い、
円安で売る。

外国為替取引は円高で買って、
円安で売ることにより為替差益を得ることができます。
日々のニュースでは円高が悪いように言われることが多いですが、
特徴を知り、対策を立てることができます。

大切なのは本質をしること。
FXに限らず。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。