月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXと為替政策



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




安住財務相
為替の適正な水準を確保するように努力したい

中尾財務官
市場が投機的なら単独で介入する可能性を排除しない

11月に覆面介入を実施していたこと、
12月以降も円高局面では単独の円売り介入を継続することを示唆。


政府・日銀が円売り(覆面)介入を継続しており、
今後も適正でない76-77円を防衛する円売り介入を継続する意図があるとします。


それは、欧米の通貨当局の批判を無視して、
単独で円高是正を行うという「為替政策」が打ち出されたことになります。

FXと円高



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[広告】
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



日本の大手輸出企業で、
本気で円高を恐れているところはないといいます。
なぜでしょう?


その理由は、
為替対応はすでにできているため。
リスクヘッジができているため。


円高でも円安でも、
その対応策はとれているということです。
その対応策とは?


円高ドル安なら米国工場で、
ユーロ安なら欧州で、
円安になれば国内生産を増やせばいい。


円高は海外子会社が儲かって、
日本本社の利益が減るだけで、
企業全体としては痛くないということなんですね。


円高を理由に生産性の低い国内工場を
海外移転できるなら
メリットのほうが大きい

FXと外国為替平衡操作



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[広告】
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



外国為替平衡操作額が、
本日30日に発表されます。

10月31日の史上最大規模の円売り介入金額
市場推定7.5-8.0兆円が判明します。

円売り介入金額が9兆円を超えた場合は、
市場の憶測通りなります。

11月に入ってからも「適正な水準でない76-77円」で、
覆面介入が行われていた可能性が高まります

FXとレバレッジ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


FXとレバレッジ

普通に外国為替を買ったり売ったりすることであれば、
ただの両替や外貨預金とあまり変わりはありません。

FXが人気の理由として、
レバレッジをきかせた証拠金取引ができるという点が挙げられます。

たとえば、4万円を持っていて、1ドルが85円であった場合、
購入できるドルは約470ドルとなります。

しかし、FXではその4万円を証拠金として、
最大25倍もの額の取引ができるのです。

例えば、レバレッジを25倍に設定すれば、
4万円で約470ドルですからその25倍の11,750ドル(FXの場合たいてい1万通貨単位の取引)ですので1ロットの取引ができます。

FXの通過ペア


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[広告】
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



FXのスキャルやデイトレで複数の通貨ペアを同時に取引する理由


一度に、複数の通貨ペアを持ち、
1ペアあたりの建て玉数も小分けして分散することは、
リスク管理として重要な方法です。


複数ペアを同時に扱うということは大変という考え方もありますが、
リスク管理を怠れば、
全てを失うのがFXに限らず投資全てに言えることです。


FXでは複数といっても、
似たような動きをするためそれほど手間と感じることはないはずです。


また必ずといっていいほど、
先導役を務めるものや、
異変にいち早く反応する通貨がありますので、
変化に対応しやすいという利点もあります。 FXのスキャルやデイトレで複数の通貨ペアを同時に取引する理由


一度に、複数の通貨ペアを持ち、
1ペアあたりの建て玉数も小分けして分散することは、
リスク管理として重要な方法です。


複数ペアを同時に扱うということは大変という考え方もありますが、
リスク管理を怠れば、
全てを失うのがFXに限らず投資全てに言えることです。


FXでは複数といっても、
似たような動きをするためそれほど手間と感じることはないはずです。


また必ずといっていいほど、
先導役を務めるものや、
異変にいち早く反応する通貨がありますので、
変化に対応しやすいという利点もあります。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。