月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXと欧州債務問題



欧州各国の債務問題が、
金融不安に及んでいる。


欧州の銀行は、
ギリシャをはじめとした借金が多い国の国債をたくさん保有しています。


国債価格が下がって含み損が膨らむことで、
財務内容の悪化が進行していきます。


これらの国が債務不履行に陥れば、
各国の財務内容が悪化し、経営状況は一層危うくなる。


ギリシャ国債を保有する金融大手デクシアが、
実質的な経営破綻を発表した。


ギリシャの財政破綻の懸念が欧州全体に飛び火し
第2のリーマン・ショックを懸念する声も挙がっている。

FXと欧州債務危機


欧州債務危機では、
ファンロンパイEU大統領が、


「欧州の債務危機は今や完全にシステミックなもの」と指摘し、
「解決にはシステミックな対応が必要」と発言した。


欧州の債務危機はすでに、
金融の「システミックリスク」を脅かすところまで来ているということだろうか。


システミック・リスクとは、

個別の金融機関の支払不能等や、
特定の市場または決済システム等の機能不全が、
他の金融機関、他の市場、または金融システム全体に波及するリスクのこと。


金融システムにおいては、
個々の金融機関等が、各種取引や決済ネットワークにおける資金決済を通じて
相互に網の目のように結ばれている。


そのため、
一箇所で起きた支払不能等の影響は、決済システムや市場を通じて、
またたく間にドミノ倒しのように波及していく危険性がある。

FXと欧州経済



欧州中央銀行のドラギ総裁は、
欧州議会本会議に年次報告を提出。


欧州の経済見通しに対する下方リスクが強まっている
との認識を示した。


また、欧州中央銀行はインフレが目標を下回りも上回りもしないよう、
物価の安定を確実にすると述べた。


ドラギ総裁の発言を受けて、
来週の欧州中央銀行理事会で利下げが決定されるとの見方が強まる


そのため、
ドイツ連邦債価格は上昇し、ユーロは対ドルで下落という結果になった。


投資家心理は、経済中枢の発言を受け、
上がりもすれば、下がりもする。


高度にシステム化されたマーケットでは、
バタフライ効果のように、ひとつの行為が全体へ波及する。


刻一刻と変化するマーケットの中で、
安定したポジションを確立するのは容易ではない。

FXと円高


財務省は2011年10月28日から11月28日までの、
外国為替平衡操作額が9兆0916億円だったと発表

政府・日銀は、
10月31日に大規模なドル買い/円売り介入を実施。

市場では、この時の介入額を過去最大の7─8兆円規模とする試算が出ていたが、
発表数字はこれを上回った。

市場参加者の間では、
31日以降も介入実施の公表を伴わない「隠密介入」が続いていたとの見方ある

情報元:ロイター

隠密介入が行われるということは、今後もその可能性があるだけに、
市場に影響を及ぼしそうだ。

しかしながら、
一方ではその影響は限定的であるとの見解もある。

こういうときには無理をしない。
これにつきる。

FXと欧州金融安定化基金



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
負け組みトレーダを、
1日10分で、
月15万円稼がせた脅威のFXプログラムはこちら
↓↓↓
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



欧州金融安定化基金


ギリシャなど資金繰りに困った国にお金を貸すため、
ユーロ圏各国が昨年6月に設立された。


現在のの融資能力は、
4400億ユーロで約47兆円。


各国政府が保証するEFSF債を発行して投資家から資金を集め、
融資先が返済できなくなれば各国が損失を負担するもの。


市場に出回る国債を買い支えることや、
資本不足の銀行に資金を入れることを認める拡充策が各国議会の承認で決定。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。