月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXの信用リスク


FXの信用リスク

FXは投資家とFX業者の相対取引であり、
取引所取引ではありません。

FX業者の信用状況によっては、
損失を被る可能性があります。

FX業者は投資家からの注文を、
インターバンク市場にてカバー取引を行っています。

カバー先の信用状況等により、
投資家が損失を被る可能性があります。
カバー先において、FX業者がカバー取引を行えなかった場合には、
投資家の取引も不可能になることがあります。

FXのレバレッジによるリスク


FXのレバレッジ効果によるリスク

FXは、レバレッジ効果(てこの原理)により比較的少額の証拠金を差し入れることで、
証拠金の何倍もの大きな元本金額の外国為替取引が可能となっています。

レバレッジを活用すれば、
少額の証拠金によりわずかな為替レートの変動で大きな利益を得ることが可能。

それは反対に、
証拠金を超える大きな損失を被る可能性があることもさしています。

FXでレバレッジを活用するのは、
損失にもレバレッジがかかることにご注意いください。

FXの金利変動リスク


FXの金利変動リスク

FXは、通貨の取引に加え当該通貨の金利の交換もおこなわれ、
日々スワップポイントの受取又は、支払いが発生します。

スワップポイントは、
各国の景気や政策などの様々な要因による金利情勢を反映した市場金利の変化に応じて日々変化します。

そのため、その時々の金利水準によってスワップポイントの受取又は支払いの金額が変動したり、
場合によっては受け払いの方向が逆転する可能性もあります。

また、これに伴い追加の資金が必要になったり、
ロスカットラインが近くなる可能性もあります。

FXの流動性リスク


FXの流動性リスク

外国為替市場には値幅制限がありません。
これは何をいみするのか?

特別な通貨管理が行われていない日本円を含む主要国通貨の場合、
通常高い流動性を示しています。

しかしながら、
時と場合によってはFX業者からレート提示が困難になることがあります。

主要国での祝日や、マーケットクローズ間際・週明けのマーケットオープンにおける取引、
普段から流動性の低い通貨での取引などが挙げられます。

FX業者の通常の営業時間帯であっても、
マーケットの状況によっては、レートの提示が困難になる場合もあります。
天変地異、戦争、政変、為替管理政策の変更、ストライキ等の特殊な状況下では、
特定の通貨のお取引が困難又は不可能となるリスクもあります。

FXの為替変動リスク


FXの為替変動リスク

外国為替市場では、
24時間常に為替レートが変動しています。

為替レートの変動は、
各国の経済、社会情勢等により変動します。

取引時間中の変動、前日の終値と当日の始値が乖離する場合、
メンテナンスの開始前と終了後の価格が乖離している場合があります。

為替レートの変動によっては、
想定していたものとことなり、為替差損が発生することもあります。

その損失は、
FX業者に預託した金額以上になる可能性があります。

FXの為替変動リスクにご注意ください。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。