月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXのロスカットリスク


FXのロスカットにおけるリスク

FXでは、
業者ごとにロスカットのルールが設けられています。

あるFX業者は証拠金維持率が50%を下回った段階で、
保有している全ての建玉を自動的に決済するロスカットルールを設けています。

相場の状況・前日の終値と当日の始値が乖離する場合・各メンテナンスの開始前と終了後の価格が乖離している場合・その他理由がある場合には、
大きく乖離して約定することがあります。

その損失は、
FX業者に預託した金額以上になる可能性があります。

発生した不足金額は、
FX業者へ速やかに入金する必要があります。

FXのロスカットリスク


FXのロスカットにおけるリスク

FXでは、
業者ごとにロスカットのルールが設けられています。

あるFX業者は証拠金維持率が50%を下回った段階で、
保有している全ての建玉を自動的に決済するロスカットルールを設けています。

相場の状況・前日の終値と当日の始値が乖離する場合・各メンテナンスの開始前と終了後の価格が乖離している場合・その他理由がある場合には、
大きく乖離して約定することがあります。

その損失は、
FX業者に預託した金額以上になる可能性があります。

発生した不足金額は、
FX業者へ速やかに入金する必要があります。

FXのマージンカットリスク


FXのマージンカットにおけるリスク

FXでは毎営業日ごとの証拠金維持率判定時刻において、
証拠金維持率に応じてある処理が行われます。

証拠金維持率が100%を下回った場合には、
発注済み未約定新規注文及び出金予約は全て取消処理をします。

出金予約がある場合には、
その出金予約を取消します。

振込人名義相違、クイック入金エラー、銀行休業日等により、
入金期限までに入金が当社で確認できない場合があります。

その場合には、事前通知なく、
FX業者の方法で、ポジションを反対売買により強制決済(マージンカット)されます。

入金期限日の終値と翌営業日の始値が乖離する場合やその他理由がある場合には、
大きく乖離して約定することがあり、その損失は預託した金額以上になる可能性があります。

発生した不足金額は、
FX業者へ速やかに入金する必要があります。

FXのオンライン取引リスク


FXのオンライン取引に関するリスク

FXのオンライン取引の場合、
注文の受付に人手を介しません。

そのため、売買注文の入力を誤った場合には、
意図した注文が成立しない、あるいは意図しない注文が成立する可能性があります。

また、通信機器、通信回線、システム機器等の故障・障害等により、
一時的または一定期間にわたり取引ができない可能性、あるいは注文が遅延する可能性があります。

オンライン取引は、電子認証に用いられるユーザーネーム・パスワード等の情報が、窃盗・盗難により洩れた場合、
その情報を第三者が悪用することで損失が発生する可能性があります。

FXにはオンラインでできるためチャンスが広がる反面、
こういったリスクも内包しています。

FXのスリッページリスク


FXのスリッページリスク

FXの成行注文、逆指値注文では、
必ずしも想定通りの結果になるわけではありません。

為替レートの変動により、
FX業者の取引画面提示レートよりも不利なレートで取引が成立することがあります。

特に大きな数量の注文の場合、
FX業者のカバー取引の実現性がポイントとなります。

場合によっては不利なレートで成立する可能性が高くなるとともに、
取引自体が不成立となる可能性があります。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。