月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXと世界経済


FXで資産運用する利点は、
24時間投資できる、手数料が安いなどの利点だけではありません。

FXで資産運用することで、
世界経済が見えてきます。


FXで扱う外国為替は、
各国の政治や経済情勢を敏感に反映します。


アメリカの金利が上昇すれば、
ドルを保有して金利を得たいと考える人が増え、ドル高になる可能性が発生します。


日本の失業率が下がり景気が上昇傾向にあるという見方をすれば、
日本円への投資が増えて円高となる可能性が高まります。


為替に大きな値動きがあるときは、
政治的、経済的要因が関係する傾向があります。


為替相場の動きを読むということは、
各国情勢を分析し、今後、世界がどのような方向に進んでいくかを判断することにつながります。


FXを始めると、
今まで聞き流していたような経済ニュースなどにもおのずと関心が高まります。


資産運用に直結するので当然です。
そうすることで経済に関する知識や情報が自然と身についていくはずです。


FXにはそういった利点もあり、
世界経済を意識しながら資産運用ができる取引です。

資産運用における投資方法


投資には2通りの方法があります。
「相対的収益を狙う投資」と「絶対的収益を狙う投資」です

相対的収益を狙う投資とは、
何かの資産価格に連動して資産を増やす方法

絶対的収益を狙う投資とは、
いつも一定のリターンを上げる方法です。

人類の歴史は、
インフレの歴史でした。

ひどいデフレも時々はありましたが、
ほとんどの時期に庶民はインフレによる資産の目減りに苦しめられてきました。


何かの資産価格が上昇する時にはしっかりその上昇率についていきたい!
取り残されるとお金の価値が減ってしまう!

インフレによる資産の目減りに苦しめられてきたので、
そう考えるのは自然の流れと言えます。

そのため、資産はインフレに負けないように殖えることが、
ほとんどの時代の人間にとって必要であり十分な方針なわけです。

そして、人は相対的収益を求める投資を常としてきたのです。
これが投資の世界の常識と言われています。

資産運用に大切なこと


資産運用における投資では、
「相対的」にお金を殖やすことが大事と言われています。


「相対的に」とはどういうことでしょうか?
「相対的に」というのは「何かに比べて増えていることが大事だ」ということです。


比べる何かは、
物価上昇率だったり、トピックスだったり、ニューヨーク株価指数だったり。。


どれと比べるかは、
その人の投資目的によって変わってくると言えるでしょう。


ちなみにその比較対照のことを、
ベンチマークと呼びます。


比較対照によっては、
損しても「勝利」ということもあります。


たとえば、
ベンチマークがTOPIXだった場合。


この5年間のTOPIXの騰落率はマイナス50%。
そして、あなたがTOPIXを上回る資産増を目指したと仮定します。


すると、5年間の投資リターンがマイナス50%を
上回っていることが「勝利」いうことになります。


実際に世界株式に分散する投資信託を持っていて、
その5年間のリターンがマイナス30%であった場合


TOPIXをベンチマークをしている限りは、
それは勝利と呼べます。


世界株式という資産を選んだことによる勝利です
TOPIXがベンチマークなのに海外株式を選んだ戦略の勝利と言えます。

FXと世界経済


FXで資産運用する利点は、
24時間投資できる、手数料が安いなどの利点だけではありません。

FXで資産運用することで、
世界経済が見えてきます。


FXで扱う外国為替は、
各国の政治や経済情勢を敏感に反映します。


アメリカの金利が上昇すれば、
ドルを保有して金利を得たいと考える人が増え、ドル高になる可能性が発生します。


日本の失業率が下がり景気が上昇傾向にあるという見方をすれば、
日本円への投資が増えて円高となる可能性が高まります。


為替に大きな値動きがあるときは、
政治的、経済的要因が関係する傾向があります。


為替相場の動きを読むということは、
各国情勢を分析し、今後、世界がどのような方向に進んでいくかを判断することにつながります。


FXを始めると、
今まで聞き流していたような経済ニュースなどにもおのずと関心が高まります。


資産運用に直結するので当然です。
そうすることで経済に関する知識や情報が自然と身についていくはずです。


FXにはそういった利点もあり、
世界経済を意識しながら資産運用ができる取引です。

FXのマーケット情報


本日は週末です。
そのため、以下のようなことが想定されると見られます。

今週観測されているユーロストレートおよび
クロスでのショートポジションの調整が継続するか否かがポイントとなりそうとの見方。

例えばユーロドルやユーロ円は一目均衡表の転換線に戻りを抑えられており、
戻り売りとショートカバーが拮抗すると予想される。

勝負付けるものとしては、
やはりイタリア長期債入札だろうか。

スペイン国債入札およびイタリア短期債入札が堅調だったため、
結果への期待が高まるとマーケット関係者の中では想定されています。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。