月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

FXの業者選び


一度はリスクの高い投資から、リスクの低い投資へと逃げてしまっていた資金が、
再びリスクの高い投資へと戻りつつありますね。
FXはその代表格と言われています。

ところで、
FXにかかるコストには何があって、
FXをするのにどれくらいかかるかご存知ですか?

FXにかかるコストは、
他の投資にかかるコストと比較しても、
かなり安い。

これは世間で広く知られています。

しかし、
FXのコストがいくら安いとはいっても、
コストはコストです。

FXにかかるコストには、
FX業者に支払う手数料があります。
他の投資とどれくらい違うんでしょうか?

外貨預金の手数料は、
1ドルにつき片道で1円。
1万ドルなら1万円です。

FXの場合は、
手数料が高いFX業者でも40銭程度。
一般的なFX業者は2銭〜20銭程度になります。

FXによって生じる手数料は、
1万ドルなら片道で200円〜2,000円程度です。
かなり違いますよね。

FX業者にもいろいろあって、
取引の枚数に応じて割引になる会社や、
デイトレについては手数料が割引になる会社などもあります。

FX業者によっては、
すべての取引において手数料無料。
そんな会社も増えています。

FXで短期売買を繰り返す投資家にはうれしいですね。
手数料はFX業者によって違います。
FX業者を選ぶ際には要チェックです!

ただ、
FX業者選びの際には、
FXの手数料だけで決めるべきではありません。

FXでは、
手数料が多少高くても、
フォローや情報の充実も大切です。

FXにあたり、
証拠金として預けている資金がどのように保全されているか。
これも重要ですよね。

FXに限った話ではありませんが、
中長期の運用なら、
手数料はあまり気にならないと言うこともあり得ます。

FXの業者選びには、
チェックするポイントがたくさんありますね。
FX業者の比較もお忘れなく!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。